【Column】MARVEL「X-MEN」のDNAを受け継ぎながらも全く新しいTVシリーズ「レギオン」の魅力

MARVELが誇るスーパーヒーローチームを描く「X-MEN」シリーズに海外ドラマが存在することをご存知だろうか?
10月18日よりリリース中の「レギオン」は、映画「X-MEN」シリーズと世界観を共有した初のTVシリーズなのだ。

MV5BMjA3Njc1ODg2MF5BMl5BanBnXkFtZTgwMzYyMjI5MDI40__V1_SY1000_SX666_AL_-thumbnail2.jpg


今回は、アメコミ作品史上に残る斬新な作品である海外ドラマ「レギオン」の魅力に迫っていこう!




「レギオン」あらすじ

MV5BOTIyODVjNGItMTI0Mi00ZDNhLWFkYzktYTRmY2VlZTNkZWFmXkEyXkFqcGdeQXVyNjAwNTYwNDg40__V1_SX1777_CR02C02C17772C999_AL_-thumbnail2.jpg


統合失調症を患い、精神科病棟で治療を受けていたデヴィッド・ハラーには、ある秘密が隠されていた。
幼い頃より幻聴や幻覚に悩まされていた彼はミュータントであり、ある凄まじい能力を秘めているのだ。
自身が地上最強のミュータントであることをまだ知らない彼のもとに、''ディビジョン3''と呼ばれる謎の組織の魔の手が迫っていた・・・。
彼の秘められた能力とは?そして、彼の中に存在する''黄色い目の悪魔''の正体とは・・・?

MARVELが放つ海外ドラマの系譜

MV5BNTA3MzQ0MDk5OF5BMl5BanBnXkFtZTgwODY1NDUzMTI40__V1_SY1000_CR02C02C14992C1000_AL_-thumbnail2.jpg


まさにエンターテイメント作品と言える映画フランチャイズとは異なり、MARVELの織りなすTVシリーズというのは、「デアデビル」や「ジェシカ・ジョーンズ」など、シリアス傾向にありダークな世界が広がるものだが、本作も例外ではなく、その道をひたすらに進んでいく。

「X-MEN」を最も知る男が製作に参加!現実と虚構が入り乱れる斬新な世界観

MV5BMWRhZWVhNjAtNDIwMy00ZjMyLWFlYzAtNTAxNGM0ZGNmM2I1XkEyXkFqcGdeQXVyNjAwNTYwNDg40__V1_SX1777_CR02C02C17772C999_AL_-thumbnail2.jpg


本作は、映画としてこれまで15年以上計9作品製作されてきている「X-MEN」シリーズから派生したスピンオフで初めてTVとしてシリーズ化された。
製作総指揮に同シリーズの礎を築き、一時期あらぬ方向へと向かったシリーズの舵を取り直した監督として同シリーズには欠かせない存在であるブライアン・シンガーが名を連ねているが、その彼が本作に携わっているというのは非常に大きい。
何故ならTVという異なる媒体での展開ではあるものの、本作の根底にはやはり「X-MEN」という作品への理解が重要だからである。最も造詣の深い彼が製作してこそ初めて「X-MEN」の中のストーリーが描けるのだ。
と言っても物語の核心の部分やその世界観は映画のDNAを継承しているものの、現実と虚構、パラレルワールドといった入り組んだ構成であり、非常にシリアスかつダークな作風となっている。
そのような話を聞くとアメコミ作品とはかけ離れた作品のように感じるかもしれないが、むしろその逆で、その外連味に溢れた映像にゴダード的な色使いなどが完璧に物語とマッチしており、アメコミ特有のファンタジックかつ色鮮やかな世界が描き出されているのだ。
たとえ、物語を理解していないとしても映像だけで楽しめる魅力が本作にはあると言ってもいい。
現実と虚構にしっかりと線引きしたホラー的な描写や時折シネスコ比率に変わる画面転換など、それが意図しているものは正直わからないが、なぜか心惹かれてしまう映像である。




こんなダン・スティーヴンス観たことない!キャストがすごい!!

MV5BMTU2Njc0MjkyM15BMl5BanBnXkFtZTgwNjU1NDUzMTI40__V1_SY1000_CR02C02C7492C1000_AL_-thumbnail2.jpg


主演は「ダウントン・アビー」でも知られるイケメン英国男子ダン・スティーヴンス
彼の新たな魅力が発揮されているのが本作であり、これまでに見たことのないような表情を多々魅せるのだ。
クールでミステリアスな印象が強い最近の彼とは異なり、戸惑いを隠さない表情であったり、かなりぶっ飛んだ演技の数々、さらには突如踊りだしたりするなど、終始一筋縄ではいかなく、とても小気味よく映る。
アメコミ作品に彼の出演が決まった際にはどんなカッコいいヒーローを演じてくれるのかと期待していたが、良い意味で予想とは相反する彼の全く新しい魅力が爆発したドラマと言えるだろう。

また本作で最も高く評価したいのが、謎の女性レニーを演じる、オーブリー・プラザだ。

MV5BNTdhM2JjOTQtYzQwMS00MWVjLTk0YWMtZmViY2VmODY4MDIxXkEyXkFqcGdeQXVyNjAwNTYwNDg40__V1_SX1777_CR02C02C17772C999_AL_-thumbnail2.jpg


コメディ女優として名を馳せている女優で、もっぱらこういったシリアス系作品の印象はなかったが、まさにハマり役と言えるような凄まじい演技を魅せたのが彼女である。
そのコメディで培ってきた演技が非常に活きており、死んだ魚のような目もまた威圧的かつエキセントリックな魅力を醸し出している。
彼女が魅せる圧巻の演技は、今後のキャリアにおいても重要な位置づけとなることだろう。
それほどまでに彼女の演技には圧倒されっぱなしである。

今まで海外ドラマでは観ることがなかった独特な世界観が繰り広げられる作品で、新鮮さと不気味さの双方が混在する全く新しい近未来的なドラマであるのが、この「レギオン」なのである。



レギオン DVDコレクターズBOX

新品価格
¥5,138から
(2017/10/29 18:55時点)



レギオン ブルーレイBOX [Blu-ray]

新品価格
¥5,900から
(2017/10/29 18:55時点)






この記事へのコメント